【成敗利鈍】

成功するか失敗するかは
分からない。とにかく進む。

プレッシャーに弱い。プレッシャーから逃げる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレッシャーに弱く、逃げて終わった高校野球

【ここ一番でプレッシャーから逃げる】

これも古い古い話です。

うだつの上がらない高校の野球部最終年のこと。

夏の大会の背番号をもらえる最後のチャンス。

それは確か5月の連休明けの時でした。

授業の空き時間に

なぜか柔道場(なぜ柔道場かは覚えておりません。)で

友人とじゃれ合っておりました。

逃げるて友人の足を捕まえようとした時に

柔道場の畳に小指をついて、

指がありえない方向に曲がりました。。。

小指の脱臼。

これくらいでしたら、隠せば何とかプレーすることができましたが

もう自分の高校野球は終わった。。。と思い、

背番号争いという戦いから自ら身をひいたのです。

怪我を告げたとき、監督から呆れられたのは今でも覚えています。

怪我で戦線離脱、プレッシャーから解放

そしてプレッシャーから解放され、少し安心してしまいました。

身を引いたといいますと、少しカッコよく見えますが、

戦わずして【プレッシャーから逃げた】のです。

今この文面を書いていても、

恥ずかしく情けなくなってきます。

小学校の頃からあれだけ好きだった野球。

最後は逃げてしまった自分。

※これは自分の原体験が関係しております。

高校野球は自分の人生においても、

大きな挫折となりました。

しかしこの挫折も

今では息子たちに笑って話せるような経験となっています。

父親の失敗を通じて、自身の人生に少しでもプラスにしてほしい。

このブログはそんなメッセージを込めています。

プレッシャーから逃げた失敗からの学び

苦い経験も学びに変えていきます。

【プレッシャーから逃げる前に、少し立ち止まって考える。】

以上ドヤツエでした。

失敗からの学び(学生)
doyatsue

現在家族と離れ単身赴任中の営業マン
サッカー少年の二児の父親です。
常識を壊すような読書から気づき、自らの失敗からの学びを皆さんに共有していきます。趣味のお絵かきで楽しくスニーカーぬり絵もしておりますのでよろしければ見ていってください。

『ジョウロ』のゾウさんのドヤツエは、私のおおざっぱでテキトーな性格・能天気なところを抜き出しております。相方の『ジガゾー』は疑い深い保守的なところを採用しています。二人の掛け合いをお楽しみください。

doyatsueをフォローする
シェアする
doyatsueをフォローする
doyatsue BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました