【成敗利鈍】

成功するか失敗するかは
分からない。とにかく進む。

義務教育の弊害。

くまのプーさん 色鉛筆画失敗からの学び(学生)
スポンサーリンク

社会人になって勉強したことってありますか?

僕はいままでほとんどありませんでした。

スポンサーリンク

事象:仕事を始めたら何を勉強すればいいか、わからなかった。

過去を振り返りながら、最近気付いたことがあります。

義務教育はもちろんですが、高校大学と率先して自分の興味のある分野の勉強に取り組むということをしてきませんでした。

ドヤツエ
ドヤツエ

勉強しなさいってよく言われたものです。これが逆効果なのでは、、、

学生時代は試験があるからと、必要に駆られて勉強をしていた程度で、

就職先が決まり、英語が使えたほうが仕事に有利と知人に聞き、

慌てて英会話教室に通いました。

そこでニュージーランドに2週間のホームステイをしたり、

短期的に集中して英語を学べましたが、その後全く続かずでした。

経過:社会人になってからは勉強せず。

就職前の短期留学での学びを最後に、

13年の間勉強という勉強はしてこなかったのです。

勉強=テキストを読んでインプットする

しか知らなかった自分は、勉強の仕方がわからなくなっておりました。

ドヤツエ
ドヤツエ

覚えるだけの勉強って苦痛ですよね。

勉強というと資格の勉強など、堅苦しいものしか思い浮かばず

どんどん勉強から遠ざかっていきました。

原因:仕事で勉強しているつもり?

さらにわるいことに、、、

仕事=勉強 という自分勝手なイメージを持ち、

知識の備蓄を怠り、勉強しているつもりという悪しき習慣が身についてしまいました。。。

ドヤツエ
ドヤツエ

人間は自分の行動を自分のいいように解釈します

そこから時間だけが過ぎていきました。。。

対処:

あの悪習を良くも悪くも壊し、

気づかせてくれたのは

携帯電話と読書でした。

周りをみれば、何処の誰を見ても携帯電話をいじっているという現実。

そこで気が付きました。

ドヤツエ
ドヤツエ

あっ、そうか!💡

知らないこと、聞いたことのないこと、わからないことは

携帯電話で調べれば全てクリアになる。

知らないことを知る=立派な学びです。

携帯電話を使えば使うほど、

「知らないことをもっと知りたい」という探究心が湧き上がってきたのです。

ドヤツエ
ドヤツエ

子供のころの好奇心と一緒ですよね。

もっと深く知りたい、という時は

先人の知恵がつまった書を読めば

課題の解決の糸口がみえてきます。

総括:

義務教育・受験勉強・やらされる勉強で学ぶ楽しみを見失い、

仕事をすることで更に学びから遠ざかりましたが、

『知らないことを知る』喜びに再び出会い、学ぶ楽しさを取り戻しました。

今は10年以上の時間の浪費を取り返している最中ですが、

全く苦になりません。

学びに終点はありません。

●失敗15で学んだこと:

【自ら進んで情報を取りに行こう、それが自然と学びになる】

以上ドヤツエでした。

※やりたいことがわからない人に向けた記事はこちらです

失敗からの学び(学生)
doyatsue

現在家族と離れ単身赴任中の営業マン
サッカー少年の二児の父親です。
常識を壊すような読書から気づき、自らの失敗からの学びを皆さんに共有していきます。趣味のお絵かきで楽しくスニーカーぬり絵もしておりますのでよろしければ見ていってください。

『ジョウロ』のゾウさんのドヤツエは、私のおおざっぱでテキトーな性格・能天気なところを抜き出しております。相方の『ジガゾー』は疑い深い保守的なところを採用しています。二人の掛け合いをお楽しみください。

doyatsueをフォローする
シェアする
doyatsueをフォローする
doyatsue BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました