【成敗利鈍】

成功するか失敗するかは
分からない。とにかく進む。

プロフィール

ニューバランス ML574
ドヤツエ
ドヤツエ

ドヤツエの自己紹介をします!

●性別:男

●職業:営業マン

●出身地:関東

●趣味:お絵描き・読書・釣り・野球・スニーカー好き・ランニング・(スノボもしたい)

●好きな言葉:七転び八起き、笑う門には福来る、成敗利鈍

●直近の目標:スニーカーぬり絵100枚描く!

●将来の目標:自分の絵に価値を。

ドヤツエ
ドヤツエ

簡単ですが、以下ドヤツエが歩んできた歴史です。

 
ジガゾー
ジガゾー

歴史って大げさだな!

生誕~保育園時代 (原体験あり)

ジガゾー
ジガゾー

生誕って覚えてんのかよ!

 
ドヤツエ
ドヤツエ

覚えてない。笑 恥ずかしいから親から聞いたんだ。

多少脚色もありますがご了承くださいm(- -)m

保育園時代までまとめ

●お絵描きが好きになったきっかけは、親が読み聞かせてくれた絵本の絵を書きだしたのがきっかけ。

●性格は内気。もっぱら遊ぶのはインドア。

●保育園の鉄棒で前回りをする際に頭から落ちる。以来、鉄棒と運動嫌いに(原体験

●物心つく前から母子家庭で祖母と同居。

●一人っ子でワガママだったようだ。

ドヤツエ
ドヤツエ

絵が好きだったこともそうだけど、鉄棒から落ちた事件がこの後、

大いに影響してくるとはねー。。。(原体験って言いたい。。)

ジガゾー
ジガゾー

どうゆうこと?

ドヤツエ
ドヤツエ

それは読んでからのお楽しみ!

ジガゾー

ジガゾー 

 

いつも、もったいぶるよねー

小学校時代 自分に自信をもてなかった

ジガゾー
ジガゾー

あっという間に小学生になったな。成長早くない?

ドヤツエ
ドヤツエ

細かいことはいいのいいの

小学校時代まとめ

●小学2年生の時に交通事故で舌を24針縫う。⇒初めての入院。

●小学3年生の時にはおばちゃんが乗った自転車に引かれ、前歯を折る。

⇒自分は悪くないのにまた親に心配と迷惑をかけてしまって、申し訳ない思いが何故かあった。

●近所のお絵描きクラブに自ら通いたいと志願。3年生~4年生まで通う。

⇒学校の行事の練習でお絵描きクラブに通えなくなり、泣く泣く断念。悲しかった。

●小学校時代は太っていて、運動もできず、よくデブと言われ泣いていた。

⇒太った体にコンプレックスを持っていた。かといってそのコンプレックスを乗り越えようという努力は一切していなかった。

運動嫌いは続く。毎年あるマラソン大会が特に嫌いだった。

●この頃も内気で自分に自信がなかった。絵が好きでも自分に自信をつけられるほどではなかった。

●5~6年から近所の友達と野球を始める。運動の楽しさが少しずつわかるように。

●親が何回も受験させたくないという思いから高校受験を目標に、気が付いたら進学塾に入っていた。。。

ジガゾー
ジガゾー

前半は苦労したんだね~

ドヤツエ
ドヤツエ

この2回の事故で親に心配をかけないようにするという気持ちが

強くなったよ。

ジガゾー
ジガゾー

今とは違って、真面目だったんだな。

ドヤツエ
ドヤツエ

おい!

中学校時代 スポーツをすることで自信がついた

中学校時代

●野球部に入ろうとしたが、顧問がおらず、泣く泣く陸上部に入部。

●週数回しか活動しない陸上部だったが、

運動する楽しさ・やればやるほど伸びていく身体能力 などに魅力を感じてきた。

●中学2年生で野球部に入部できるようになったが、今まで親身にしてくれていた陸上部の顧問に申し訳ないと思い、そのまま陸上部を継続した。

●中学3年生で運動会で初めてリレーの選手に選ばれる。

⇒本番は吐きたくなるほどの緊張で足が全く動かずだった。

●しかし、運動で体を鍛えることにより、自分自身に自信をつけることができた。

●後半は進学塾通い。塾の講師と共に受験前の初詣に行った際に第一志望校を絵馬に書こうとしたら『おまえは無理だから、~高校にしとけ』と言われ、ショックを受ける。

第一志望は記念受験にと思ったが、奇跡的に合格する。大学付属のとある男子校へと入学を決めた。

ジガゾー
ジガゾー

泣き虫で弱虫で内気で全然もてなくて、どうしようもなかったけど、運動することで自信がついたんだね。

ドヤツエ
ドヤツエ

言い過ぎだろ、オイ。

ジガゾー
ジガゾー

まあ、人は変われるという証明だね。

ドヤツエ
ドヤツエ

受験勉強も頑張ったなあああ、今までで一番勉強したかも。

ジガゾー
ジガゾー

人生あと何年あると思ってんだ!死ぬまで勉強だろ。

ドヤツエ
ドヤツエ

たまにはいいこと言うな。

ジガゾー
ジガゾー

おまえよりは、な。

高校時代 スポーツで挫折を味わい、自信喪失

●高校入学後、念願の硬式野球部に入部。

●高校から初めて野球を本格的にやったこともあり、

3年間で練習試合も含め3試合出場のみ・・・挫折を味わい、また自信喪失

本当に少ないチャンスだったと思う。

●球技大会で野球部vsアメフト部の綱引きで腰を負傷。全治6か月。

⇒腰痛でなにもできず、野球をできない苦しみ・今までできていたことができないを味わう。もうこのまま治らないかも・・・と諦めかけて友人に相談し、紹介された接骨院で2週間一緒に治療とトレーニングを行うと治ってしまった。

●初心者にも関わらず、『頑張っているから』という理由で何故かチームの副キャプテンに任命される。⇒『副キャプテンだから・・・』『副キャプテンなのに・・・』と周りから言われているような気がして、プレッシャーを大きく感じるようになり、プレイも思うようにいかなくなった。後輩たちにもどんどん抜かされ焦りもあった。

●3年最後の夏の大会前。背番号を捕りに行く大事な時期と最後のチャンス。なぜかクラスの友人と柔道場で遊んでいるときに、小指がありえない方向に曲がり、脱臼。ああ、これで俺の高校野球は終わった、、、と思ってしまい、その場で諦めてしまった。背番号を追うという戦わずプレッシャーから解放され、最後まで戦うことなくフェードアウトし、引退を迎える。

⇒何よりも変え難い野球部の思い出だが、負け犬根性と逃げる癖がついてしまった。。。

●大学進学の際に、大学付属のためある程度学部は選ぶことができた。スポーツ関連の学部と経済学部で迷う。本当は興味のあるスポーツについて学びたかったが、これまでの自分の努力を無駄にしたくない・世間体のよさや後々の就職に有利だろうということで、本当に行きたい気持ちに背き経済学部を選んだ。残念ながら経済学の知識が仕事で役に立ったという実感は全くない。。。

ジガゾー
ジガゾー
 
 
 

なかなか不運な3年間だったねえ。男子校でまたモテなかったんだろうな。。。

ドヤツエ
ドヤツエ

もう、それはいいって!

ジガゾー
ジガゾー

ごめんごめん図星だったねw

大学時代 スニーカーとの出会いが外面の自信に。

●大学では何か新しいことをしょう!と思っていたが、結局野球サークルに入った。⇒高校野球では全く味わえなかった試合の楽しさ、仲間と共に勝利を分かち合う喜びなどを感じることができた。野球の面白さ・奥深さを実感した。

●大学でもうひとつ打ち込んだことがアルバイト。初めて行ったアルバイトはホテルのベットメイキング。これが歩合制だったため、時給換算する数百円にしかならなかった。これが結果的にアルバイトへのモチベーションを下げ、歩合制ではなく何もしなくてもたたそこにいるだけでお金がもらえるような球場アルバイトを選ぶという結果となった。今では考えられない思考である。。。

●足元にふと興味が湧き、『足元がカッコよければ全身のバランスが取れるのでは!?』と自問し、スニーカーと突然出会う。外面のかっこよさに魅かれ、ドンドンはまる。

→スニーカーが外面の自信に繋がる。また、小さいころからのコレクション癖が再発し好きなスニーカーを買いあさるようになる。

●就活は自己分析等で悩んだが、結局スポーツ関連の企業にエントリーし。その他企業にもエントリーするも、薄っぺらい希望動機で見破られ撃沈。

ジガゾー
ジガゾー

やりたいことを素直にやればいいのに

なんかいつも遠回りしてないかい?

ドヤツエ
ドヤツエ

そう言われるとそうだね。なんでかな?大事な時に限って、何も深く考えずに行動してしまうからかもね。

ジガゾー
ジガゾー

それはそうと、スニーカーと出会えてよかったね。

会わなかったら今頃。。。モッ

ドヤツエ
ドヤツエ

もう、わかったって(怒)

社会人~現在 自分と向き合うことに時間を使うようになる

●社会人1年目・・・1年目からいきなり遠方へ転勤。7人いる同期でなんで俺だけ、、、とカラオケで歌いながら泣いた。そして、仕事についていくのがやっとだった。当時は残業も多く会社の数字もよくなかったことから、夜23時に帰宅しようとすると、『お前の頑張りはそんなもんか?』と先輩に言われる。あぁ、これが組織かと思い知った。

●そんなこんなで仕事がイヤで一度だけ『ラクそう、休み多そう、給料高そう』という職種に転職を試みたが、うすっぺらい志望動機で面接時に極度に緊張し撃沈。そんな実績も大してない適当な奴が入社できるほど社会は甘くない。

●そして、現在に至るまで転勤4回。今年春に5回目の転勤。会社に運命を翻弄される。

●結婚し子供も二人生まれる。しかし、母子家庭だったため父親としての振る舞いが全くわからず、悩む。。。悩んで人から話を聞いたり、ネットで調べていくうちに、『そうだ、本を探して答えを探せばいいんだ!』と気づき、読書の大切さにも改めて知った。

●会社の野球の大会中に、両足フクラハギのつってしまい、外野守備中にその場で動けなくなる。。。恥ずかしさと老いに対する悔しさで、それまで全くしていなかったランニングを開始⇒息子にそそのかされ、その勢いで近所のマラソン大会(と言っても5キロw)に参加し、奇跡的に6位入賞。スポーツで生まれて初めて表彰状をもらい感動。以来少しずつランニングにのめりこむ。

●社会人になって初めて怪我で入院。⇒ホント、やってしまった、、、と自己嫌悪に陥る日々だったが、3週間の入院期間を自分と向き合う時間に費やす。

●退院後、仕事の帰りの一杯をやめて、劇的に生活・体格が変化する。

⇒仕事帰りの一杯よりも好きなことにベクトルを向ける。今までアルコールに依存することで時間を浪費していたことを痛感した。あの一杯の爽快感はノンアルコールビールに変えた。

●2019年末、堀江貴文さんの魅力に取りつかれ本を読み漁り、このままじゃあかん、、、

Twitter・お絵かき・ブログ・読書に専念することを決意。

Twitter・ブログは自己を発信、お絵描きは前から好きでやりたかったこと

読書は社会人になってから今まで一切やってこなかった勉強=知的好奇心を満たすために始める。⇒以来ハリのある充実した日々を送っている。

ジガゾー
ジガゾー

なんか、気づいたんだけど、

失敗が怖いから安全策を選んだ結果、

失敗したりしてるんじゃないの?

 

ジガゾー
ジガゾー

ほら、図星だろ、ほら。

ドヤツエ
ドヤツエ

!!! 確かにそうかも。失敗が怖いって。。。

保育園の経験?痛いのが嫌だから

無意識にそういう判断してたのか。。。

もしかしたら、事なかれ主義も無意識に失敗を避けようとしてたのかも。

 

まとめ 原体験ドリブンをして気づけた

check✅

●幼児期の経験はその後判断基準に大きく関わる。⇒私の場合は、失敗するのが怖いから新しい挑戦も避けて通る。ということでした。

スポーツに励み自信をつけることで、内面的に成長し変わることができた。⇒運動することでの充実感と日々積み重なる達成感で、何事にも消極的だった自分を変えられた。

やりたいことを素直に実行できるようになった。やりたいことはやることは恥ずかしくない。やっていいと思えるようになり、やり続けたらどうなるか、楽しみになってきた。

●自己を発信したり、知識を深めることも内面的な自信にも繋がっている。

●ドヤツエとジガゾーはです。二人の会話を作る=自問自答が原体験ドリブンになり、様々なことに気づけた。

●実は『メモの魔力』を読んで自己分析・自問自答は継続中です。。。終わる気がしません。汗

ジガゾー
ジガゾー

この記事を書いて色んなことがわかってよかったな!

ドヤツエ
ドヤツエ

お付き合いいただき、ありがとう!

引き続き精進します!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ドヤツエ
ドヤツエ

以上ドヤツエでした。

ジガゾー
ジガゾー

チカイケさんの【原体験ドリブン】は

ぜひ皆さんに一度読んでほしいです!

人生変わるかもよ

ドヤツエ
ドヤツエ

原体験ドリブンで自己紹介の続きも描いたので、読んでみでください!

ジガゾー
ジガゾー

まだ続きがあんのかよ!

【原体験ドリブン】好きな言葉からの気付き|どっちゃん|note
こんにちは。どっちゃんです。 ※イラストは小学4年のときに、生まれてから4年生までの自分史を書いたものの表紙に使いました。題名は『線路』。 先日、原体験ジャーニー2日目を行いました。 何で?何故?と自問自答を繰り返していくうちに、ウトウト、、、と違う旅に出ていくところでしたが。(汗) 今回はタイトルにあるよう...

※ドヤツエオススメの記事3選です。

【失敗から学ぶ】失敗のイメージを壊す6つの要素。(失敗学のすすめ)
失敗は怖いですか?本記事では失敗学から学ぶことで、失敗のイメージを激変させます。失敗が怖くて新しい一歩が踏み出せない方にオススメです。
スニーカーぬり絵 
昔から好きだったお絵かき×大好きなスニーカー を描いてます。エアージョーダンなどナイキのスニーカーメインになります。 おうち時間に少しでも心が和みますように。
人工芝を部屋に敷く。サッカーしたい(失敗させない2つの決め手)
人工芝を部屋に敷きたい、子供がサッカーをしたいと思っている方必見です。 人工芝を部屋に敷いて実現できること・メリット・とっておきの商品を実際に購入したレビューと共にご紹介します。 在宅勤務の方の気分転換にもおすすめですよ。
スポンサーリンク
シェアする
doyatsueをフォローする
doyatsue BLOG
タイトルとURLをコピーしました