【成敗利鈍】

成功するか失敗するかは
分からない。とにかく進む。

まだ見ぬ父への手紙(ググっても出てこない)

AIR JORDAN2 ベビー失敗からの学び(社会人)
AIR JORDAN2 ベビー

●幼いころから母子家庭で母と祖母に育てられた自分。

●私が父となって10年。改めて自分の父について考えました。

●今までほとんど話せなかった父への思いをここにさらします。

●父に向けた手紙ですが、母子家庭の子供目線でも書きます。

覚えている記憶は一切ないです。が。

お父さん、あなたの記憶は一切ありません

あなたの話は母から一切聞いたこともなく、

写真も1枚もないです

(あなたと一緒に写っていると思われる写真は、切り抜かれていました。)

何度か聞いたことがあるのは、まだばあちゃんが生きていた時の話です。

ばあちゃんにどんな人だったか聞くと

『ギャンブル好きで酒飲んで暴れてたけど、飲まないと優しい人だったんだけどねぇ』

一度、中学生ぐらいのときにあなたから手紙が来ているのを見たことがありました。

『ドヤツエは元気ですか。』と。

手紙を出したのを覚えていますか

残念ですが、その手紙を母は僕の目の前でビリビリに破いて捨ててましたよ。

ああ、そういうことか、、、と子供ながらに感じました。

その手紙こそが、僕の記憶にあるあなたとの見えない一瞬だけの接点でした。

どこに住んでいて、再婚しているとかは何となく祖母から聞いたのも覚えています。

ただ、繰り返しますが母からはあなたについての話を一切聞いたことがないですし

僕からも一度も聞いたことはありませんし、今後聞くつもりもありません

子供目線で、、、母子家庭でイヤだったこと。

あなたがいなくても母と祖母がいたおかげで、母子家庭という理由でイヤな思いをしたことはあまりありませんでした。 

ホッとしましたか?

しかし、

お父さんは何の仕事してるの?

お父さんの出身は?』『お父さんは、お父さんは、、、』

と聞かれるたびに、『母子家庭なんです、、、』と答えるのがイヤでした。

言うのもイヤだったので、適当に流すときもありましたが、

母子家庭と答えたときに場の空気が一瞬固まる感じと憐れむ感じ、、、

あの感じがとてもイヤでした。

あなたも離婚して苦労したかもしれませんが、

僕もそれなりにイヤな思いをしてたのですよ。それはわかって欲しいです。

子供目線で、母子家庭で困ったこと。

母子家庭だから、という理由で子供時代に困ったことはあまりなかったですね。

父の日にプレゼントで困った、、、などという記憶もないです。

※覚えていないだけかもしれませんが、、、

きっと保育園や母や祖母が配慮してくれたんだと思います。

よかったですね。

しかし、大人になってから困ることが多かったですよ。

今はもう大丈夫ですけどね。

●仕事を始めるまでは大人の目上の男性と話す機会が圧倒的に少なかったので、得意先の年長者に対して何となく苦手意識がありました。

※祖父もいなかったのも関係あるかもしれませんね。

●自分が父親になったときの『父親像』がなかったので、見様見真似で父親を演じでいました。

●子供にどう接すればいいのか、わからない時期もありました。

●父親というものがわからず、父親にかかわる本は何冊も読みました。

上記の苦悩は、あなたという父親の存在がなかったからこそです。

母子家庭で唯一よかったこと

つらつらと父というあなたがいなかったことでのマイナス面を書いてきましたが、

たった一つだけ、母子家庭でよかったことがあります。

なんだかわかりますか? あなたにはわからないですよね。わからないと思います。

それは、、、自分が父になり、見えないあなたの背中をすぐ越す事ができたからです。

あなたは僕の父であることを、すぐに放棄してしまいました。

深い事情はよく知りません。

そして、今の今まで息子である僕とは関わり・接触を持ちませんでしたね。

もしかしたら母に拒まれていたのかもしれません。それは理由にならないと思います。

なので、その時点で、同じ父親として私は勝ったのです。

心の奥底で、父親になったらあなたのようには絶対なりたくない

あなたには負けないと思って今まで生きてきました。

それだけが今思えば、よかったのかな、と思います。

父親として、あなたが与えてくれなかったもの

僕は色々なものを息子たちに与えてあげたいと思います。

もしあなたがいればやりたかったこと。

これは今更ですが、野球をやっていたので単純にキャッチボールがやりたかったですね。

親子のキャッチボール、これは僕の憧れでしたし、夢でしたから。

『お父さん、キャッチボールしよう』

息子はそう声をかけてくれました。

この小さな夢は自分の息子たちが叶えてくれましたよ

僕があなたにしてあげられなかったことを、僕の息子たちはしてくれます

あなたは今どうしてるのですか。もし子供がいたら同じようにしてもらえるのですか。

最後に。

あなたに会いたいと思ったことが何回かあります。

そりゃあ、自分のルーツですから。あなたは。

ですが、母に黙って会いに行っても、事前に会いに行くと伝えても

母は悲しむでしょう

祖母の遺言があります。

お母さんに優しくしてね

この約束を守り通すため、母を悲しませないため、僕はあなたには会いに行きません。

あなたを知らないままでいい、そう思っています。

今のままで十分幸せだからです。自分のルーツを知ったところで現実は何も変わらないからです。

今こうして、文章を書いてすっきりしました。ありがとうございました。

それでは、どうかお元気で。

※幼少期の原体験が現在の自分の行動基準になった濃厚な自己紹介

失敗からの学び(社会人)
スポンサーリンク
doyatsue

関東出身・営業マン
趣味は読書・釣り・イラスト・スニーカー・野球などなど。
宜しくお願いします。

doyatsueをフォローする
シェアする
doyatsueをフォローする
doyatsue BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました