スーパーフィートのインソールのレビューと返品理由

スーパーフィート レビューレビュー(失敗させない)
この記事は約8分で読めます。

ランニング中に、足が痛くなるのは不快そのものですよね。そんなあなたにお伝えしたいのがスーパーフィートのインソールと走り方です。この記事を見れば、スーパーフィートのリアルな使い心地がわかりますが、土踏まずがない人とシューズの組み合わせには要注意ですよ、、、

ポイント

●スーパーフィートのインソールに変えて、全部で80キロ走りました。

●スーパーフィートに変える前と変えた後に起こった足の変化や痛みを記しております。

スーパーフィートにも合わないシューズ、合わない足もあることが判明しました。⇒これがスーパーフィートの欠点です

スーパーフィートを購入した理由

2021年1月ランニングシューズをナイキからニューバランスに買い替え、何回か走りました。

すると、ランニング途中に今まで痛みのなかった足裏の外側に痛みが発生、、、

下の写真の赤い部分ですね。。。

スーパーフィート レビュー

足裏の痛みと合わせて、長い距離を走ると腰の横のコリコリしている所も痛むこともありました。

スーパーフィート レビュー

どうしたものか、、、と悩み、靴に詳しい方に相談すると

『カカトの擦り減りはどうなってる?外側が減ってるんじゃないか?』

『ガニ股で走っていると、着地の際に足の外側から着地するので、腰の横や足裏の外側に負担がくるんだ。』

という今まで考えたことのないようなアドバイスを受けました!

スーパーフィート レビュー

走りながら無意識でガニ股になっているので、時折カカトがフクラハギに当たるという不思議な経験をしていたのです。全く気が付きませんでした。

まさに目から鱗です。

そしてインソールを変えれば、痛みがなくなるかも、、、

期待を寄せて、インソールに救いを求めて、安易な気持ちで購入を決意したのです。

スーパーフィート、使い心地と走り方

実際に店舗に足を運んで購入したのですが、購入する際は足裏をチェックしてもらい、、、なんと『偏平足』が発覚!!m(__)m

店員さんのオススメで偏平足でもそんなに違和感のないモデルということでトリムフィット カーボンEを購入しました。

ランニングシューズに入れて、履けなかったら最悪、、、とならないようにシューズを持ち込み。

シューズの大きさに合わせて店員さんにインソールのカットもしてもらいましたよ。

スーパーフィート レビュー

インソールの裏側です。カーボンで足をしっかり固定します。

スーパーフィート レビュー

そして、ついに実走。つま先が外側にむかないように、あわせて膝も外に向かないように意識しながら走ると、、、悩まされていた足裏の痛みはなくなりました!

スーパーフィート レビュー

合わせて力が外側に逃げない事によって、心なしか速くなった気が、、、(笑)

この走り方にしてから、腰の横の痛みもありません。

走り方を少し変えるだけでこんな変わるのか、、、

時折すれ違うガニ股ランナーにも教えたい!!!そんなことすら感じたのです。

しかし快適に走れたのは数回で、また別の悩みが発覚してしまいました。。。

スーパーフィート使ってみてわかった注意点

スーパーフィートのインソールもランニングシューズとの相性があるということがよーくわかりました。

下の写真を見てください。

向かって左側は今まで履いていたランニングシューズ【ナイキジョイライド】

右側が2021年に新しく購入したニューバランスの【フューエルセル】です。

ニューバランスのほうが土踏まずが大きく盛り上がっているのがわかると思います。

シューズの内側を触っても、ニューバランスのほうが土踏まずが極端に盛り上がっていました。

スーパーフィート レビュー

さらに写真をご覧ください。

スーパーフィートのインソールを平置きしましたが、裏の成型のカーボンの形状によって土踏まず部分が浮いていますよね。

ニューバランスのフューエルセルも同様に土踏まず部分が浮いております。

スーパーフィート レビュー

インソール+シューズのダブルパンチによって私の足の土踏まず部分が、今までに経験したことがないくらいぐっと持ち上げられたわけです。

さらに足裏の外側に体重がかからないように、土踏まず付近で着地するように意識した走り方をすると、、、

結果、、、持ち上げれた違和感と着地の衝撃に耐えられず、土踏まず部分に痛みがピリピリと発生してしまったのです。。。

このまま走り続けると危ないかも!?

スーパーフィート レビュー

痛みをなくそうとして買ったインソールが痛みを引き起こしてしまうとは、、、

インソールを変更すれば大丈夫という慢心が引き起こした事故。

この形状に慣れるまでは一カ月はかかるとネットでも書いてありましたが、3回に1回くらいのペースで訪れる痛みに耐えられなくなってきました。。。

【これが返品理由】スーパーフィート抜きで、つま先を意識してランニングしてみる

ここで実験です。

スーパーフィートとランニングシューズの相性が悪かったことを検証するために、スーパーフィートなしで走ってみました。

ただ走るだけでは今までと一緒なので、足裏の外側に負担が来ないようにつま先をまっすぐ前に向けるよう意識しながら走ります。。。

①まず、700キロ以上共にした【ナイキジョイライド】で走りました。

足裏の痛みや腰の横の痛みはなかったです。

ジョイライドはカカトも土踏まずもフカフカで走りやすいですね。

⇒ジョイライドのレビューはこちらをどうぞ>>

②次にインソールを既製品に戻してニューバランスの【フューエルセル】。

非常に心配しましたが、こちらも足裏の痛みや腰の横の痛みはなかったです。

結論:インソールではなく、走り方を変えれば問題ナシm(- -)m

全く残念な結論になってしまったのです。

スーパーフィートでオススメできるシューズ・オススメできない人

インソールはシューズとの組み合わせで初めて力を発揮します。

ここではあえて、オススメできない人ではなくオススメできるシューズをご紹介します。

【オススメできるシューズ】
●インソールが取り外し可能なシューズ

⇒取り外しできないとシューズ内のスペースが狭くなり、不自然にサイズがきつくなってしまいます。

●土踏まずにあまり盛り上がりがないシューズと組み合わせる⇒形が合わないシューズがあるのが欠点。

【オススメできない人】

●以前の私のようにガニ股気味で走っている方。

⇒そのままの走り方ですと、土踏まずが持ち上がれば体重が外側に逃げるので余計に足裏の外側が痛くなる可能性があります。

スーパーフィートは60日間返品保証がついている

足に合わないのは、もう使えないですよね。。。

買うときはまさか返品するなんて思いもしません。

なので、レシートも捨ててしまいました。。。

しかし【60日間返品保証】がついていることを思い出し、

店舗にダメ元で連絡し、レシートがない旨を伝えると、、

【カード利用履歴が確認できたので、返金承ります。】

ありがとうございます!!m(__)m

なんて良心的な店舗&メーカーなんだ!と感動いたしました。。。

インソールの機能を最大限に発揮するには、、、

●シューズとの相性

●足裏との相性

が必須ということがわかり、勉強になりました。。。

次回はちゃんと確認して、考えて購入しますm(__)m

以上ドヤツエでした!!

********************

ランニングを続けてるだけでも、ランニングをしていない人から見れば、正直スゴイです。 

私はまだランニングしていないとき、ビールを飲んでばかりで自分の時間は全てアルコールに支配され何もできませんでした。

それも気が付かぬ間に15年以上過ぎておりました。。。

そんな酒まみれの生活を救ってくれたのは【ノンアルコールビール】でした。

ランニングで今自分の時間が充実しているあなた。

今日飲もうとしているビールをノンアルコールビールに変えたら、さらに自分の時間が充実しますよ。

ノンアルコールビールは100円ほどですので、100円で自分の人生が充実する自己投資になります。

『どうゆうこと!?』と思った方は下記記事に遊びにきてください。▼

【100円で自己投資】あなたの時間が100倍になるノンアルコールビールに変えたきっかけ
仕事終わりにビールを飲んで10年以上・・・その習慣をノンアルコールビールに変えたらどうなったか、実体験を記事にしました。変えたのはノンアルコールビールでメリットしかありません。ノンアルコールビールに変えた途端にやりたいことがどんどんできるようになり充実した日々を送れるようになりました。今飲んでいるそのビールをまず1杯だけノンアルコールビールに変えてみませんか?

********************

親しい友人もここまではしらない。幼少期からのドヤツエがわかります。

幼少期の痛い思いが原体験となり、

痛み=【失敗】を無意識に避けるようになっていました。

幼いころから現在まで劣等感の塊でした。

原体験ドリブン
で終始自信のない自分も浮かび上がってきました。

自信を取り戻し、失い、、、一体何が自分の自信となるのか、それがわかったのはごく最近です。

私が変化していく様子を見てもらえれば幸いです。☟

濃厚な自己紹介はこちら。

********************

レビュー(失敗させない)
doyatsue

現在家族と離れ単身赴任中の営業マン
サッカー少年の二児の父親です。
常識を壊すような読書から気づき、自らの失敗からの学びを皆さんに共有していきます。趣味のお絵かきで楽しくスニーカーぬり絵もしておりますのでよろしければ見ていってください。

『ジョウロ』のゾウさんのドヤツエは、私のおおざっぱでテキトーな性格・能天気なところを抜き出しております。相方の『ジガゾー』は疑い深い保守的なところを採用しています。二人の掛け合いをお楽しみください。

doyatsueをフォローする
doyatsue BLOG

コメント